足の裏がガサガサしてきたら爪水虫のリスクあり。

足の裏がガサガサしてきている、もしかしたらそれは水虫かも知れないですよ。

水虫というと、一般的には足の指の間にジュクジュクができる趾間型の症状が多いんですが、それ以外に小水疱型や角質増殖型があります。

足の裏がガサガサするタイプは角質増殖型の水虫。

はじめて角質増殖型の水虫になる人は、足が乾燥していると勘違いして、保湿ケアをしたりするんですが、保湿ケアをしても原因菌である白癬菌は殺菌されないので、症状が改善することはありません。

症状が改善されない場合はまだマシで、悪化して赤く腫れ上がるような場合もあります。

さらに、角質増殖型の水虫は足の裏に既に白癬菌が蔓延しているので、その白癬菌が爪にも侵入してくるケースがあります。

つまり爪水虫になるリスクを常に抱えていると言えます。

そんな場合は、角質増殖型の水虫対策をすると同時に、もしかしたら既に爪にも移っているかも知れない事を考えて爪水虫対策を同時にするのが理想的と言えます。

角質増殖型の水虫の怖いところは、一見病気には見えないことです。だから、対策も遅れがちになる場合が多いで。

もし、足の裏が妙にガサガサになってきたと思ったら、一度皮膚科に行ってみるのが1番手堅いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です