自覚症状のない爪水虫。クリアネイルショットは初期の段階で。

爪水虫の初期段階で自分が爪水虫だと気づく人はおそらくですが、ほとんどいないと思います。

ほんの数㎜の爪の色の濁りがあったからと言って、それが病気であると思う人はいませんからね。

ですが、実はその数㎜の爪の色の濁りがだんだんと広がっていく爪水虫の初期段階なんですね。

クリアネイルショットを今使っている人もあの時にすぐに対処しておけば、ここまで酷くならなかったのに・・・、と思った事はないでしょうか?

爪水虫は爪の色の濁りが広がってきたあとは、爪がボロボロになり、とれてきてしまう場合もあります。

重度の爪水虫の場合は、爪や爪の下の爪床にびっしりと白癬菌がすみついてしまい、爪がなくなってきてしまう場合もあります。

それだけであれば、まだ普段の生活に支障はありませんが、足の爪がなくなってきてしまう事によって、普通に歩くのもバランスがとりにくくなる場合があるので、爪水虫と自覚したらすぐにクリアネイルショットなど、白癬菌を殺菌してくれる成分が入ったもので対処していくのがとても大切です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です