クリアネイルショットの効果があるにごり爪は限られている?

クリアネイルショットでにごり爪を治そうと思った場合にきをつけて欲しい事の一つに期間があります。

数ヶ月かかってくることはおそらく今にごり爪で悩んでいる人からすれば、当然理解されていると思います。

ただ、ここで問題としたいのは、一言でにごり爪といっても、その症状にはものすごく大きな差があるという事。

爪全体が黄色く濁り、そして硬くなってしまっているような場合は、もしかしたら半年以上の時間が必要になってくる場合もあるでしょう。

さらに、もしかしたら飲み薬も必要になってくる場合もあるかも知れません。(にごり爪を治療する際に飲む飲み薬は心配事があるので、個人的にはあまり推奨為ていませんが。)

飲み薬あ必要になるほどの重度のにごり爪の場合は、クリアネイルショットだけでは役不足になる可能性もあります。

基本的にクリアネイルショットはにごり爪を治すためのジェルですが、爪全体が悩みのタネに冒されている場合は、一度専門医に相談するというのもまたにごり爪を治すためには大事な事です。

もしかしたら、クリアネイルショットよりも効果的な治療方法が見つかる可能性もありますからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です