クリアネイルショットのおすすめの使い方。爪床にも塗る!

クリアネイルショットのおすすめの使い方としてはどんな使い方があるか知っていますか?

白癬菌を殺菌するために毎日付けるのはもちろんんですが、おすすめとしては爪の周りにも塗る事と、そして爪の下側を塗ることですね。

爪の下側のことを爪床(そうしょう)と言いますが、爪水虫になってしまった場合は、症状が酷くなると爪が剥がれてきてしまう場合もありますが、その時は逆にチャンスです。

というのも、爪の下側である爪床(そうしょう)は実は白癬菌のすみかとしては絶好の環境で、爪水虫になっている人はほぼ間違いなく爪床に白癬菌が潜んでいます。

しかも、爪水虫が治りにくい人ほど、そこに白癬菌が潜んでいるので、そこ部分にクリアネイルショット塗ってあげるのは爪水虫を治していくにはとても意味のある事なんですね。

たぶん、多くの人は、爪水虫を治すために、爪の表面とその周りは塗ってると思いますが、爪床は意外と塗っていない事が多いと思います。

ですので、もし今クリアネイルショットを使っていて、爪床には塗っていなかったという人がいたら是非塗って見てください。

1ヶ月もすれば今までと治りが違うのを実感できますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です