クリアネイルショットと市販薬の塗り薬。

クリアネイルショットを使おうかどうかを検討している人は一度ぐらいは市販の悩みの塗り薬を使った事があると思います。

一般的な悩みの市販の薬としてはエフゲンやブテナロック、ラシミールと有名なものでも結構数が多いと思います。

これらの市販されている悩みの薬をにごり爪に使って治った人っていうのは統計があるわけではないですが、おそらく5割以上はにごり爪に対しては効果を感じられずに使用を中止していると思います。

これは、このブログでも何回か触れている通り、爪への浸透力に問題があるからなんですね。

実際に日本皮膚科学会が運営している悩みのタネのホームページにおいても以下のような記述があります。

引用

しかし爪が厚くなり、黄~白色に濁るにごり爪は飲み薬でないと治りません

(悩み・たむしなど) Q24 – 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

これは皮膚に塗ることを前提とした薬では、にごり爪は治せないよってことですね。使用した人の中にはたまたま効いた、という人もいるかも知れないですが、それは薬が効いたというよりも、悩みのタネに対して免疫力が付き、その結果自然治癒した可能性の方が高いのでは?と思います。

じゃあ、どうすればいいの?

という時に開発されたのがクリアネイルショットなんですね。爪への浸透力さえあれば、あとはその浸透力にのせて悩みのタネを対策する成分を配合すればいいだけですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です