クリアネイルショットと他の塗り薬のコスパを考える。

クリアネイルショットはにごり爪を治すためのジェルですが、にごり爪に塗って治す薬は他にもたくさんあります。

値段的にはクリアネイルショットの方が3倍くらいするので、コスパを考えれば、一見塗り薬の方が良いように思えるんですが、これがちょっと微妙なんですね。

というのも、一般的な塗り薬の場合は、悩みのタネを対策するために薬品を使用している場合が多いんですが、その薬品は爪に対しての浸透性が低い場合が多いんですね。

推測するに、悩みのタネを対策する薬品というのは、クリアネイルショットに使われているオイル系の成分との相性が悪いのではないかと思います。

オイル系の成分を配合することで、爪の浸透性が高まり、にごり爪を治しやすくなるのは分かっているんだけれど、相性が悪いから混ぜることができない。

あくまでも推測ですが、そういう状況があるのではないかと思います。となれば、なかなかにごり爪も治りが遅くなってしまい、結果として長期間の使用を余儀なくされる事になります。

となれば、それだけ毎回塗り薬を使わないといけなくなってしまうわけですが、そうなれば自然と費用も嵩んできてしまう事になりますよ。

そして、結果的に最初からクリアネイルショットを使っていた方が良かった、そんな状況になってしまうのではないかと思うんですね。